AutoTouchヘルプドキュメント

v3.5.4-1に適用する

AutoTouchは、「録音」と「リプレー」移動設備の「タッチ」と「クリック」操作の「マクロ」ツールに用いられるツールで、簡単に言えば、移動設備の「タクトフェアリー」である。Luaスクリプトの運行によって、人の操作を模擬できる。スクリプトは録音で生成し、または手工で編集することによって、産出できる。それは、同時に一連のエクステンション関数を提供し、複雑な自動化操作を実現させる。例えば、自動的にゲームをして、ゴールドコインを取得し、大量的に編集し操作し、プログラムの自動化テストを行う。

AutoTouchはジェイルブレイクしたアップル設備に運行され、Cydiaによってインストールしてください。AutoTouchは録音タッチ、実体ボタンなどの操作を支持し、かつタッチ、スクリーンショット、色調べ、写真マッチング、応用を始動閉まりというエクステンション関数を提供する。同時に、一つのスクリプトモールを提供し、スクリプトをダウンロードし、購入でき、また自分のスクリプトをモールに販売できる。


使い方


どのようにインストールするか。


どのように録音するか。

Created with Raphaël 2.1.2Common stateCommon statePopup control panelPopup control panelRecordingRecordingHold volume - buttonClick on "Record"Hold volume - button again

どのように放送するか。

Created with Raphaël 2.1.2Common stateCommon statePopup control panelPopup control panelPopup play settingsPopup play settingsPlayingPlayingHold volume - buttonSelect a script to playClick on "Play Now"Hold volume - button again
Created with Raphaël 2.1.2Common stateCommon statePopup control panelPopup control panelPopup play settingsPopup play settingsReady to play stateReady to play statePlayingPlayingHold volume - buttonSelect a script to playClick on "Play Later"Press volume - buttonPress volume - button againPress volume - buttonPress volume - button againHold volume - button again

放送設定をどのようにプリセットするか。


どのようにスクリーンショットするか。


どのようにスクリプトを編集するか。


スクリプトを編集する時に、「関数助手」をどのように使用するか。


コンピューターにスクリプトをどのように編集し、管理するか。


スクリプトをどのように暗号化にさせるか。


スクリプトをモールに発行するか。


モールからどのようにスクリプトをダウンロードし、購入するか。


授権をどのように購入するか。


スクリプト


基礎

こちらからLua言語の使用を勉強できる:《Lua Official Reference Manual

Develop Tool

LuaStudio is aprofessional development environment for debugging Lua script in your applications. It's familiar and fast and you'll wonder how you ever worked without it.


座標とサイズ体系

AutoTouch v3.5.2前のバージョンに、座標とサイズ体系が「iOSドットマトリクス体系」を利用する。該バージョンから、全部に「画素点体系」に改正され、即ち実際の画素点に即してサイズと座標を判断する。

例えば、古い「iOSドットマトリクス体系」に、iPhone 6 Plusスクリーンサイズが414x736である。該体系に、サイズが「画素サイズから網膜スクリーンを除く縮小拡大値」の結果で、即ちiPhone 6 Plusの実際画素解像度が1242x2208で、縮小拡大の因素が3で、それで、「iOSドットマトリクス体系」に、スクリーンサイズが(1242÷3)x(2208÷3)である。それに対して、v3.5.2後に採用した「画素点体系」に、画素点のサイズによって、簡単に直感的に座標を判断する。タッチ座標、色の調べ、写真のマッチングを設置しても、直接的に画素サイズで判断し、網膜スクリーンの縮小拡大因素を考慮しない。

古いスクリプトにもしヘッドに古いSCREEN_RESOLUTIONの声明があれば、自動的に識別される。例えば、もし前に録音したiPhone 6 Plusのスクリプトがあれば、SCREEN_RESOLUTION=414x736を声明し、サイズ体系の変更に適応させるために、自動的に識別され、処理される。


エクステンション関数

エクステンション関数はLua言語に使用され、人類の携帯電話を操作することを模擬する能力を備えさせる。またスクリーンショット、色の調べ、写真のマッチングなどの機能を提供する。


touchDown(id, x, y)

スクリーンの(x, y)座標に押す。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
id Integer 指で番号を編成し、単一点、複数点のタッチ標識の指にさせる。
x Integer 屏幕x坐标
y Integer 屏幕y坐标

戻り値
なし

  1. -- 座標(100, 200)の所に単一指で押す。
  2. touchDown(0, 100, 200);
  3. -- 三つの指がスクリーンの三箇所に同時に押す。
  4. touchDown(0, 100, 200);
  5. touchDown(1, 200, 300);
  6. touchDown(2, 300, 400);

touchMove(id, x, y)

指を(x, y)座標に移動させる。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
id Integer 指で番号を編成し、単一点、複数点のタッチ標識の指にさせる。
x Integer 屏幕x坐标
y Integer 屏幕y坐标

戻り値
なし

  1. -- 座標(100, 200)に一つの指で押し、それに指を座標(200, 200)に移動する。
  2. touchDown(0, 100, 200);
  3. usleep(16000);
  4. touchMove(0, 200, 200);
  5. -- 三つの指がスクリーンの三箇所に同時に押し、それに新しい場所に移動する。
  6. touchDown(0, 100, 200);
  7. touchDown(1, 200, 300);
  8. touchDown(2, 300, 400);
  9. usleep(16000);
  10. touchMove(0, 150, 250);
  11. touchMove(1, 250, 350);
  12. touchMove(2, 350, 450);

touchUp(id, x, y)

(x, y)座標から指をあげる。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
id Integer 指で番号を編成し、単一点、複数点のタッチ標識の指にさせる。
x Integer 屏幕x坐标
y Integer 屏幕y坐标

戻り値
なし

  1. -- 座標(100, 200)にスクリーンを一回にクリックする。
  2. touchDown(0, 100, 200);
  3. usleep(16000);
  4. touchUp(0, 100, 200);
  5. -- 三つの指でスクリーンに同時に押し、それに新しい所に移動し、それにあげる。
  6. touchDown(0, 100, 200);
  7. touchDown(1, 200, 300);
  8. touchDown(2, 300, 400);
  9. usleep(16000);
  10. touchMove(0, 150, 250);
  11. touchMove(1, 250, 350);
  12. touchMove(2, 350, 450);
  13. usleep(16000);
  14. touchUp(0, 150, 250);
  15. touchUp(1, 250, 350);
  16. touchUp(2, 350, 450);

tap(x, y)

スクリーンの座標(x, y)をクリックする。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
x Integer 屏幕x坐标
y Integer 屏幕y坐标

戻り値
なし

  1. -- スクリーンの座標(100, 200)をクリックする。
  2. tap(100, 200);

内部実現

  1. function tap(x, y)
  2. touchDown(0, x, y);
  3. usleep(16000);
  4. touchUp(0, x, y);
  5. end

keyDown(keyType)

実体ボタンの押す動作を模擬する。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
keyType Integer 実体ボタンの標識で、こちらの実体ボタンを使用できる。 these physical keys

戻り値
なし

  1. -- Homeボタン押しの動作を模擬する。
  2. keyDown(KEY_TYPE.HOME_BUTTON);
  3. -- 押し動作をどのように模擬するか。
  4. function keyPress(keyType)
  5. keyDown(keyType);
  6. usleep(10000);
  7. keyDown(keyUp);
  8. end
  9. keyPress(KEY_TYPE.HOME_BUTTON);
  10. -- How to simulate a screen lock function?
  11. function lockScreen()
  12. keyDown(KEY_TYPE.POWER_BUTTON);
  13. keyUp(KEY_TYPE.POWER_BUTTON);
  14. end
  15. -- How to simulate a screen unlock function?
  16. function unlockScreen()
  17. keyDown(KEY_TYPE.POWER_BUTTON);
  18. keyUp(KEY_TYPE.POWER_BUTTON);
  19. usleep(1000000);
  20. local w, h = getScreenResolution();
  21. local x = 10;
  22. local gap = 120;
  23. touchDown(0, x, 200);
  24. while x < w do
  25. x = x + gap;
  26. usleep(16000);
  27. touchMove(0, x, 200);
  28. end
  29. touchUp(0, x, 200);
  30. end

keyUp(keyType)

実体ボタンのあげる動作を模擬する。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
keyType Integer 実体ボタンの標識で、こちらの実体ボタンを使用できる。these physical keys

戻り値
なし

  1. -- Homeボタンの押し、あげる動作を模擬する。
  2. keyDown(KEY_TYPE.HOME_BUTTON);
  3. usleep(10000);
  4. keyUp(KEY_TYPE.HOME_BUTTON);

getColor(x, y)

現在のスクリーンに指定された座標位置の画素点の色値を取得する。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
x Integer 屏幕x坐标
y Integer 屏幕y坐标

戻り値

戻り値 タイプ 説明
color Integer 画素の整数タイプ色値

  1. local color = getColor(100, 200);
  2. alert(string.format("Pixel color is :%d", color));
  3. -- 提示がポップアップされた: 16777215

getColors(locations)

Get the color values of the pixel points of the specified coordinates on current screen.

Parameters

Parameter Type Specification
locations table A grouo of coordinates, just as {{x1,y1},{x2,y2},{x3,y4}}

Return

Return Type Specification
colors table Colors gotten with corresponding order.

Examples

  1. local result = getColors({{100, 200}, {200, 300}, {300, 400}});
  2. for i, v in pairs(result) do
  3. log(string.format("Gotten color:%d", v));
  4. end

findColor(color, count, region)

現在のスクリーンにすべてのマッチング指定色の画素点の座標を調べる。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
color Integer マッチングの色値
count Integer 多くてもいくつのマッチング画素点を探すか、黙認が0で、すべてのマッチング点を探すことを表示する。もし1であれば、第一個を調べてもいいと表示し、もし2であれば、前の二つのを調べてもいいと表示する。調べられた数が少なければ少ないほど、スピードが速い。
region table 指定区域のサッチに限られる。該ォパラメーターに{x, y, width, height}四つの値を含むtable類型で、四つの値がそれぞれに長方形の左上x,y座標で、長方形区域の幅と高さで、例えば{100, 100, 200, 200}である。もし区域を限定したくなければ、nilに導入してもいい。

戻り値

戻り値 タイプ 説明
locations table マッチングした画素点の座標である。例えば{{x1, y1}, {x2, y2}, ...}

  1. -- 1:
  2. local result = findColor(0x0000ff, 2, nil);
  3. for i, v in pairs(result) do
  4. log(string.format("Found pixel: x:%f, y:%f", v[1], v[2]));
  5. end
  6. -- 2:
  7. local result = findColor(0x00ddff, 0, {100, 50, 200, 200});
  8. for i, v in pairs(result) do
  9. log(string.format("Found pixel: x:%f, y:%f", v[1], v[2]));
  10. end
  11. -- 3:
  12. local region = {100, 50, 200, 200};
  13. local result = findColor(0x00ddff, 0, region);
  14. for i, v in pairs(result) do
  15. log(string.format("Found pixel: x:%f, y:%f", v[1], v[2]));
  16. end

内部実現

  1. function findColor(color, count, region)
  2. return findColors({{color,0,0}}, count, region);
  3. end

findColors(colors, count, region)

すべてのマッチングした「色の指定及びその相対的位置」の長方形区域を調べ、探した長方形区域にマッチングした第一個の色の画素の座標を戻る。該関数にfindImageより高いサッチ効率と適用度があり、例えば、一つのボタンである。findImageのように、全ボタンの写真にマッチングする必要がなく、ボタンのいくつかの色と相対的位置にマッチングしてもいい。使用できるcountパラメーターが限定され、結果の個数にを制限し、0がすべてを調べることを表示し、1が第一個を探すことを表示し、2が前の二個を探すことを表示する。Regionパラメーターがサッチの区域に限定され、{x, y, width, height}のtableタイプで、nilに導入してもいい。

この関数はスクリプトでインターフェースの「エクステンション関数」の「補助」ツールを編集でき、スクリーンショットから色を速やかに選択し、かつ自動的にその対応的位置を取得し、関数パラメーターの位置に挿入する。

下記の矢印が指した画素点の座標が戻り値の座標である。

IMG_0361.PNG-101.9kB

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
colors table ある色及びその相対的位置があり、例えば{{0x00ddff,0,0}, {0x00eeff,10,10}, {0x0000ff,0,20}}で、大きいtableの小さいtableに三つの値が含まれる。一つ目が色値で、第二個と第三個の値は該色が第一色に相対する相対的位置である。その中に、第一の色のtableの相対的位置がいつも(0,0)で、例えば{0x00ddff,0,0}という色で、後の色の位置値が、第一個の色の位置値に相対する。こちらの色と相対的位置関係を利用し、スクリーンから適切な長方形の区域にマッチングできる。
count Integer 多くてもいくつのマッチング画素点を調べられるか。黙認が0で、すべてのマッチング点を調べられることを表示する。もし1であれば、第一個を調べてもいいことを表示し、もし2であれば、前の二つのを調べてもいいことを表示する。探した個数が少なければ少ないほど、スピードが速い。
region table 指定された区域のサッチに限られる。該パラメーターに{x, y, width, height}四つの値が含まれるtableタイプで、四つの値がそれぞれに長方形区域の左上x,y座標と長方形区域の幅と高で、例えば、{100, 100, 200, 200}である。もし区域に限定させたくなければ、nilに導入してもいい。

戻り値

戻り値 タイプ 説明
locations table 調べられた長方形区域にマッチングした第一個の色の画素点の座標である。例えば{{x1, y1}, {x2, y2}, ...}である。

  1. -- 1:
  2. local result = findColors({{0x00ddff,0,0}, {0x00eeff,10,10}, {0x0000ff,0,20}}, 2, nil);
  3. for i, v in pairs(result) do
  4. log(string.format("Found rect at: x:%f, y:%f", v[1], v[2]));
  5. end
  6. -- 2:
  7. local colors = {{0x00ddff,0,0}, {0x00eeff,10,10}, {0x0000ff,0,20}};
  8. local result = findColors(colors, 0, nil);
  9. for i, v in pairs(result) do
  10. log(string.format("Found rect at: x:%f, y:%f", v[1], v[2]));
  11. end
  12. -- 3:
  13. local colors = {{0x00ddff,0,0}, {0x00eeff,10,10}, {0x0000ff,0,20}};
  14. local region = {100, 50, 200, 200};
  15. local result = findColors(colors, 0, region);
  16. for i, v in pairs(result) do
  17. log(string.format("Found rect at: x:%f, y:%f", v[1], v[2]));
  18. end

findImage(imagePath, count, fuzzy, ignoreColors, region)

現在のスクリーンサッチマッチングの写真指定区域に、table形式で見つけたすべての区域の左上の座標に戻る。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
imagePath String 写真のルートを調べる必要がある。AutoTouch v3.1.1バージョンから、こちらに完全ルートに導入する必要がなく、AutoTouchドキュメント目録の位置に導入してもいい。即ち「ローカルスクリプト」位置のルート(rootDir関数がドキュメント目録のルートを取得できる)である。例えば“images/spirit.bmp”が“/var/mobile/Library/AutoTouch/Scripts/images/spirit.bmp”と表示し、完全なルートに導入しないでください。
count Integer 多くてもいくつのマッチング画素点を探すか、黙認が0で、すべてのマッチング点を探すことを表示する。もし1であれば、第一個を調べてもいいと表示し、もし2であれば、前の二つのを調べてもいいと表示する。調べられた数が少なければ少ないほど、スピードが速い。
fuzzy float T調べられる混同度で、黙認が1で、すっかりにぴったりすることを表示する。0.5が50%の画素点をマッチングしてもいい。
ignoreColors table 調べに無視の色値が必要で、数値形式で提供し、例えば、{0xffffff, 0x2b2b2b}で、nilに導入してもいい。
region table 指定された区域に制限し、調べられる。該パラメーターが、{x, y, width, height}四つの値を含むtableの類型で、四つの値がそれぞれに長方形区域左上のx,yと長方形区域の幅と高で、例えば、{100, 100, 200, 200}である。もし区域を限定したくなければ、nilに導入してもいい。

戻り値

戻り値 タイプ 説明
locations table マッチング区域左上の座標の数値である。例えば、{{x1, y1}, {x2, y2}, ...}である。

  1. -- 1:
  2. local result = findImage("images/spirit.bmp", 5, 1, nil, nil);
  3. for i, v in pairs(result) do
  4. log(string.format("Found rect at: x:%f, y:%f", v[1], v[2]));
  5. end
  6. -- 2:
  7. local result = findImage("images/spirit.bmp", 0, 0.6, nil, nil};
  8. for i, v in pairs(result) do
  9. log(string.format("Found rect at: x:%f, y:%f", v[1], v[2]));
  10. end
  11. -- 3:
  12. local result = findImage("images/spirit.bmp", 0, {0xffffff, 0x2b2b2b}, nil};
  13. for i, v in pairs(result) do
  14. log(string.format("Found rect at: x:%f, y:%f", v[1], v[2]));
  15. end
  16. -- 4:
  17. local imagePath = "images/spirit.bmp";
  18. local region = {100, 50, 200, 200};
  19. local ignoreColors = {0xffffff, 0x2b2b2b};
  20. local result = findImage(imagePath, 1, 0.9, ignoreColors, region};
  21. for i, v in pairs(result) do
  22. local x = v[1], y = v[2];
  23. log(string.format("Found rect at: x:%f, y:%f", x, y));
  24. -- 見つけた位置を一回にクリックする。
  25. tap(x, y);
  26. usleep(16000);
  27. end

screenshot(filePath, region)

フルづくリーン、または指定区域にスクリーンショットし、かつBMP形式で指定のアドレスに保存される。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
filePath string スクリーンショットが保存されるアドレスである。AutoTouch v3.1.1バージョンから、このパラメーターがAutoTouchドキュメント目録(ローカルスクリプト目録)の相対的位置(rootDir関数がドキュメント目録のルートを取得できる)である。例えば、“images/spirit.bmp”が“/var/mobile/Library/AutoTouch/Scripts/images/spirit.bmp”を表示し、完全なルートまで導入しないでください。
region table スクリーンの指定された区域をスクリーンショットする。該パラメーターが{x, y, width, height}四つの値を含めるtable類型である。四つの値がそれぞれに長方形区域の左上x,y座標と長方形区域の幅と高で、例えば{100, 100, 200, 200}である。もし区域を制限したくなければ、nilに導入してもいい。

戻り値
なし

  1. -- フルスクリーンをキャプチャし、かつ指定の位置に保存する。
  2. screenshot ("images/screenshot1.bmp", nil);
  3. -- 指定区域をキャプチャし、かつ保存する。
  4. screenshot ("images/screenshot2.bmp", {100, 100, 200, 200});

appRun(appIdentifier)

指定の応用を起動する。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
appIdentifier string 応用標識で、例えば、com.apple.mobilesafariである。

戻り値
なし

  1. -- Safariを運行する。
  2. appRun("com.apple.mobilesafari");

appKill(appIdentifier)

指定の応用を閉める。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
appIdentifier string 応用標識で、例えば"com.apple.mobilesafari"である。

戻り値
なし

  1. -- 運行しているsafariを閉める。
  2. appKill("com.apple.mobilesafari");

appState(appIdentifier)

指定された応用の運行状態を取得する。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
appIdentifier string 応用標識で、例えば"com.apple.mobilesafari"である。

戻り値

戻り値 タイプ 説明
state string 文字列タイプの状態で、それぞれに"NOT RUNNING"、 "ACTIVATED",、"DEACTIVATED"である。。

  1. -- Safariの状態を取得する。
  2. local state = appState("com.apple.mobilesafari");
  3. alert(string.format("State of Safari: %s", state));
  4. -- Safari状態の"ACTIVATED"がポップアップされる。


rootDir()

スクリプト保存の黙認目録アドレスを取得する。それはスクリプトとキャプチャの保存アドレスで、"/var/mobile/Library/AutoTouch/Scripts/"の位置にある。

パラメーター
なし

戻り値

戻り値 タイプ 説明
dir string スクリプト保存の黙認する目録アドレスである。

  1. local dirPath = rootDir();
  2. alert(dirPath);
  3. -- 提示"/var/mobile/Library/AutoTouch/Scripts/"がポップアップされた。

usleep(microseconds)

若干の微秒が停頓し、即ち1/1000000秒である。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
microseconds Integer 何微秒停頓するか。

戻り値
なし

  1. -- 1秒停頓する。
  2. usleep(1000000);

log(content)

記録日誌が日誌インターフェースに調べられる。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
content string 記録される日誌内容である。

戻り値
なし

  1. log("play here...");

alert(message)

ポップアップウィンドウに指定の内容が顕示される。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
message string Content to be showed.

戻り値
なし

  1. alert("Hello World!");

vibrate()

一回振動する。

パラメーター
なし

戻り値
なし

  1. -- Vibrate once.
  2. vibrate();

playAudio(audioFile, times)

指定される位置の音源ドキュメントを放送する。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
audioFile string 音源ドキュメント絶対的ルート
times integer 繰り返して放送の回数。0が無限な重複を表示する。

戻り値
なし

  1. -- 音源を放送し、かつ無限的に繰り返す。
  2. playAudio("/var/audio.mp3", 0);

stopAudio()

音源の放送をやめる。

パラメーター
なし

戻り値
なし

  1. -- 音源の放送をやめる。
  2. stopAudio();

getOrientation()

スクリーンの方向を取得する。全体型値に戻り、具体的対応関係が「スクリーンの方向タイプ」をご覧ください。

パラメーター
なし

戻り値

戻り値 タイプ 説明
orientation Integer スクリーンの方向が、こちら値であるかもしれない these values

示例

  1. local o = getOrientation();
  2. alert(string.format("Screen orientation is : %d", 0))
  3. -- 提示スクリーン方向2が出て、標識スクリーンが逆さである。

getScreenResolution()

スクリーン画素の解像度を取得する。

パラメーター
なし

戻り値

戻り値 タイプ 説明
width Integer スクリーン解像度の幅。
height Integer スクリーン解像度の高さ。

  1. local w, h = getScreenResolution();
  2. alert(string.format("Resolution of iPhone 6 Plus: width:%d, height:%d", w, h));
  3. -- iPhone 6 Plus解像度の幅が1242で、解像度の高さが2208である。

getSN()

 設備序列番号を取得する。

パラメーター
なし

戻り値

戻り値 タイプ 説明
SN string 設備の序列番号。

  1. local sn = getSN();
  2. alert(string.format("SN is : %s", sn));
  3. -- 設備の序列番号がポップアップされる: C15NFK32TWD2

getVersion()

AutoTouchバージョン番号を取得する。

パラメーター
なし

戻り値

戻り値 タイプ 説明
version string AutoTouchバージョン番号。

  1. local version = getVersion();
  2. alert(string.format("Current version of AutoTouch is : %s", version));
  3. -- 現在AutoTouchバージョン番号が3.5.3-4である。

intToRgb(intColor)

全体型色値をR, G, Bの値に転換する。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
intColor Integer 全体型の色値。

戻り値

戻り値 タイプ 説明
R Integer Red色値。
G Integer Green色値。
B Integer Blue色値。

  1. local r, g, b = intToRgb(0x2b2b2b);
  2. alert(string.format("R:%d, G:%d, B:%d", r, g, b));

rgbToInt(r, g, b)

R, G, B色値を全体型色値に転換する。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
R Integer Red色値。
G Integer Green色値。
B Integer Blue色値。

戻り値

戻り値 タイプ 説明
intColor Integer 全体型の色値。

  1. local intColor = rgbToInt(200, 255, 100);
  2. alert(string.format("Int type color: %d", intColor));

copyText(text)

指定されたテキストをクリップボードにコピーする。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
text string コピーするテキスト。

戻り値
なし

  1. copyText("This is a copied text!");

clipText()

クリップボードのテキストを取得する。

パラメーター
なし

戻り値

戻り値 タイプ 説明
text string クリップボードのコピーテキスト。

  1. local text = clipText();
  2. alert(text);
  3. -- コピーのテキスト"This is a copied text!" がポップアップされた。

inputText(text)

テキストを現在選択した入力フレームに入力する。inputText("\b")がバックスペースされ、一つの文字を削除できる。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
text string 入力するテキスト。

戻り値
なし

  1. inputText("Let's input some text automatically without tapping the keyboard!");
  2. -- バックスペースして、三つの文字を削除する。
  3. inputText("\b\b\b");

fakeLocation(appIdentifier, latitude, longitude)

指定の応用にアドレスの偽装をして、偽装がずっと有効的で、clearFakeLocation関数が偽装を削除させるまで、或いはAutoTouch応用位置>偽装位置に偽装を削除する。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
appIdentifier string 応用標識で、例えばcom.apple.Maps"である。
latitude double doubleタイプ緯度数。
longitude double doubleタイプ軽度数。

戻り値
なし

  1. -- アップル地図への偽装位置が緯度36°で、軽度50°である。
  2. fakeLocation("com.apple.Maps", 36, 50);

clearFakeLocation(appIdentifier)

指定の応用の位置偽装をキャンセルする。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
appIdentifier string 応用標識で、例えば"com.apple.Maps"である。

戻り値
なし

  1. -- アップル地図の位置を偽装する。
  2. clearFakeLocation("com.apple.Maps");

dialog(controls, enableRemember)

ユーザ設定ダイアログボックスがポップアップされ、ユーザ入力を引き受ける。具体的使用方法が例を見てください。

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
controls table ユーザ設定ウィジェットの配列で、現在に、こちらのダイアログボックスウィジェットのタイプが使われる dialog box controls
enableRemember boolean 「集中ユーザ入力」の機能を使用するかどうか

戻り値
なし

  1. local label = {type=CONTROLLER_TYPE.LABEL, text="Would you mind to provide some personal informations?"}
  2. local nameInput = {type=CONTROLLER_TYPE.INPUT, title="Name:", key="Name", value="Kevin"}
  3. local positionPicker = {type=CONTROLLER_TYPE.PICKER, title="Position:", key="Position", value="CEO", options={"CEO", "CTO", "CFO", "CXO"}}
  4. local developerSwitch = {type=CONTROLLER_TYPE.SWITCH, title="A Developer:", key="ADeveloper", value=1}
  5. local controls = {label, nameInput, positionPicker, developerSwitch}
  6. local enableRemember = true;
  7. -- ダイアログボックスがポップアップされる。ダイアログボックスがポップアップされた後に、スクリプトがこちらにユーザーの入力をまっていて、ユーザーが確定またはキャンセルをクリックするまで終る。
  8. dialog(controls, enableRemember);
  9. -- それにユーザーの入力値が取得できる。
  10. alert(string.format("name:%s, birthday:%s, gender:%d", nameInput.value, positionPicker.value, developerSwitch.value))

3.png-115.9kB


clearDialogValues(script)

Clear the remembered values of the dialog created by the function dialog.

Parameters

Parameter Type Specification
script string script path. eg. there is a dialog.lua script in the scripts list, use it like this: clearDialogValues("dialog.lua");

Return values
None

Examples

  1. -- There is a dialog.lua script in the scripts list
  2. clearDialogValues("dialog.lua");

固定値のタイプ


実体ボタンのタイプ

説明
KEY_TYPE.HOME_BUTTON Homeキー
KEY_TYPE.VOLUME_DOWN_BUTTON ボリュームマイナスキー
KEY_TYPE.VOLUME_UP_BUTTON ボリュームプラスキー
KEY_TYPE.POWER_BUTTON 電源キー

フレームウィジェットのタイプ

説明
CONTROLLER_TYPE.LABEL テキスト表記
CONTROLLER_TYPE.INPUT 入力フレーム
CONTROLLER_TYPE.PICKER 選択器
CONTROLLER_TYPE.SWITCH スイッチ

スクリーン方向の類型

説明
ORIENTATION_TYPE.UNKNOWN 方向が不明で、実際値が0である。
ORIENTATION_TYPE.PORTRAIT 縦スクリーン、Homeボタンが下にあり、実際値が1である。
ORIENTATION_TYPE.PORTRAIT_UPSIDE_DOWN 逆スクリーン、Homeボタンが上にあり、実際値が2である。
ORIENTATION_TYPE.LANDSCAPE_LEFT 左に横スクリーン、Homeボタンが右にあり、実際値が3である。
ORIENTATION_TYPE.LANDSCAPE_RIGHT 右に横スクリーン、Homeボタンが左にあり、実際値が4である。